Between 1st diagonosis, breast cancer, and having second opinion, I went yoga-retreat with my teacher Les and friends.

It was in jungle, Khao-Sok Suratani. There was no electricity, no mobile wave. Quiet and peaceful.

I needed to be unpluged from my social life, face myself and make decision.

 

With jolly yoga practice in-between, I did meditation morning and evening for being calm down and watching myself.*

Every time I started meditation, hot tear run from right eye quietly. After my mind became quiet, left eye started tearing, cool tear. When I slowly opened my eyes, I couldn’t remember why I teared. My mind was cleansed and peaceful.

With calm and clear mind, I came back to the city. Keep it all the way.

*

Jungle yoga      http://www.jungleyoga.com/

*

ジャングルでの瞑想

乳がんを告知されてからセカンドオピニオンを受けるまでの間に、友達と一緒にレス先生のヨガリトリートに参加しました。そこは、タイ南部、スラタニにあるカオ・ソークというジャングルでした。電気も電波もない、静かで穏やかな所でした。

社会から、ネットワークから離れて、自分に向き合い、意思を定める必要があったのです。

ヨガ・プラクティスを挟んで、朝と夜に静かに瞑想する。穏やかに、自分を眺めるために。

瞑想をはじめると、右目に熱い涙を感じ、こころが静まると、左目に涼しい涙を感じる。

目を開いた時には、もうなぜ涙がながれたのか思い出せない。こころは洗われて穏やか。

穏やかで澄んだこころで街に帰る。そうであり続ける。

Advertisements