‘I’m interested in this event. Because my family has cancer-history. But I am too busy, never did breast-examination.’ my friend said.

We took seats in the event, listened doctors’ talks.

Dr. Kris told about his new protocol with cutting-edge breast-cancer-MRI, answered lots of questions.

Dr. Jabu told present cancer condition in Thailand and over view of what we can do for being healthy for the first event.

‘Changing lifestyle’ events will be held every 2 months. More detail will be discussed one by one.

The talks were so interesting and overtimed. Dr. Rani didn’t have time to teach breast self examination, even she prepared breast molds.

*

‘Let’s ask Dr.Rani to teach you. You need to know.’

During doctor taught my friend, I touched the mold.

The feeling of lump in the mold recalled me.

The feeling was exactly same with a cancer lump in my breast

which is like a tiny bean in soft bread dough.

*

It is scary. But the memory of touch might save your life.

Have a touch, please.

生きるために触れる

「ガンを患った家族がいるから興味のあるイベントだけど、忙しすぎてムリ。乳房セルフ・チェックもしたことないわ」と彼女は言った。でもなんとか、イベントに出席して、ドクターの言葉に耳を傾ける。

クリス先生は新しい乳がんMRIについての講演。たくさんの質疑応答。ジャブ先生はタイにおける現在の乳がんの状況と健康に生活するための方針についての講演。これが初回のイベント「チェンジング・ライフスタイル」は2ヶ月に1回行われる予定で、さらに細かい内容はこれから、おいおいと。

講演は時間をオーバーし、ラニ先生の乳房セルフ・チェックの時間がなくなってしまった。せっかく、模型を用意してこられたのに。

「ラニ先生に直接お願いしましょう。」

先生が彼女に教えていらっしゃる間、模型に触れてみる。

記憶が蘇る。

感触は、私の胸で感じられたものと同じだ。小さな豆が柔らかいパン生地の中に埋もれているみたい。

触れてみるのは怖い。それでも、その記憶があなたのいのちを救うことになるかもしれない。

お願い。触れてみて。

追記;日本では保健所などに、乳がんの腫瘍を触れて感じることができる模型があることがあります。お問い合わせの上、ぜひご体験ください。

*

Advertisements