Anjani. I tumbled on a pylon, twisted, got hip pain.’ I confessed.

‘Again? Be careful!’ She scolded me with big sigh and said

‘Place 2 belts, lay down on a block.’ ‘Yes. Anjani.’

2belts

‘Oh well. This looks painful.’ I murmur. Place belts slowly.

Sit on block. Still hesitate lay down. Fear the pain.

Anjani sees me, comes for tighten belt, walks away.  Are you sure???

*

All right. No choice. Slowly lay down.

Fear makes body tight, clutches muscles.

All right. I will survive. Believe her. Slowly let go the body.

Surprisingly no pain, rather release, see center axis.

*

Going into right alignment might be fearful.

Have lots of own resistance. Clutch ex-condition.

Let them go. Might see something never see.

*

Namaste Anjani.

*

恐れ

「アンジャニ先生、パイロンにぶつかって、ひねっちゃいました。腰が痛いです。」

「また?気をつけなさい!」と叱りながら大きなため息。

「ベルトを付けて、ブロックの上に仰向けになりなさい。」「はい。アンジャニ先生」

ゆっくりベルトを付けながら痛そうだなと思う。

ブロックに座って、ぐずぐず。痛みへの恐れを感じる。

アンジャニ先生がこっちを見て、ベルトをキツく締め、去っていく。マジで???

さて、と、ゆっくり仰向けになる。怖さがカラダを硬める。筋肉を締めてしまっている。

まぁ、なんとかなるっしょ。先生もああいうし。ゆっくりと、解いていく。

あれ、痛くない、ていうか、ラクかも。カラダの中心軸を感じる。

あるべきところに統合することは、恐ろしいこともある。

自分の中に抵抗を感じる。元の状態に留まっていたいと欲する。

でも、手放すことができたら、見たことがないものが見られるかもしれない。

Advertisements