I find an old photo. It was taken almost a decade ago, in my mid-forties,

the period I was struggling my life.

 

DSC00078See.

Arms and legs are thin, Weak muscles.

I was admired ‘You are flexible’ in general,

I was scolded ‘You have too loose joints’

in Iyengar term.

I could do strange poses with pain.

Alignments were off.

Joints go odd directions

wherever it find a way to get out.

I was a structure without support,

Too much load on joints. Got knee injury.

 

I was a person who was dragged wherever

by other people’s wish.

 

Later I got breast cancer, lost muscles. I rebuilt myself.

 

Practice Iyengar yoga.

Started from Restoratives. Getting harder and harder later.

Cultivate strong muscles. Let alignment in right positions.

Feel strong in body and mind. Fearlessness. Happiness. Kindness.

No one can drag me. I walk as my will.

 

10年前

古い写真を見つけた。10年近く前、40代半ば、人生に行き詰っていた時。

 

見て。脚も腕も細い。弱い筋肉。

みんなに「体が柔らかいね」と褒められる。

アイアンガーヨガでは「関節が緩すぎる」と叱られる。

奇妙なポーズもできる。時々痛みを伴うけど。

奇妙なアラインメント。関節はいつも逃げ場を見つけて歪む。

私はサポートのない構造体だった。関節に負担がかかり膝が痛む。

 

私は他人の意思で引きずり回されるような人だった。

 

その後、乳がんを経験し、筋肉は落ちてしまった。そこから、自分を作り直す。

アイアンガーヨガの日々。リストラティブから初めて、より強く。より強く。

強い筋肉をつくり、アラインメントを正しい場所に向ける。

体も心も強く感じる。恐れがなく、幸せで、優しく在ることができる。

もう、誰にも引きずり回されたりしない。自分の意思で歩く。

Advertisements