Having recovered from flu, I conducted 2 classes.

When finished, I lost voice. Vocal cords were inflamed.

Kept silence for 2 weeks with having strong medicines.

I felt weak, not much power, couldn’t practice in my normal-tough way.

 

The weakness let me think of my age, middle fifties.

 

Should I keep practicing this way? How long I can continue?

Fear drives me. Feeling of impatience. But I fear what?



I attended Stephanie Quirk workshop in Bangkok.

It’s about ‘9 Obstacles’ of Patanjari Yoga Sutra, which doesn’t include ‘Aging’.

 

Asked her about it, realized the 9th obstacle ‘backsliding’ is my fear.

I fear loss of current ability once again. It’s cold fear.

 

‘Practice with not quantity but quality’

All though her workshop, I reminded this words.

What it means? How to improve quality?

 

Her workshop had not many poses but demanded awareness and precision.

Felt unknown sensation, found new inner-frontier, learned how to explore.

Namaste Stephanie-ji

 

ステファニー クォーク ワークショップ

 

風邪から治ってすぐ2クラスを教えたら、声帯が炎症を起こして声が枯れてしまった。

キツイ薬を飲んで2週間沈黙。元気がなく弱く感じる。いつものハードな練習ができない。

弱さは、年齢を気づかせる。もう50代半ば。

いつもの練習続けるべきなのだろうか?いつまでできるんだろう。

恐れが、私を駆り立てる。焦燥感。でも、何を恐れているのか?

 

バンコクでステファニー クォーク先生のワークショップに参加。

パタンジャリのヨガスートラの「9つの障害」について。そこには「加齢」は含まれない。

 

先生とお話しして、私の恐れは第9番目の「障害」後退と気づく。

今できることが、又できなくなることへの恐れ。それは深い恐れだ。

 

「練習は量ではなく質」

ワークショップの間中、心に留める。その意味は?どうやって質を高めるのだろう。

 

ワークショップでのポーズは多くはなかった。でも、知覚と精確さを求められる。

初めての感覚。内なる未知の領域を見つける。その探求のしかたを学ぶ。

ステファニー先生、ありがとうございます。

 

 

Advertisements