Last weekend I participated Zubinji’s workshop.

After redirected and restarted long flight, Zubinji must be exhausted. The session schedule was compressed. 2nd day He taught 8 hours a day, almost lost voice.

 

‘Many of you gave me something for my throat. So I’ll give each of you special present.’

In Chatushpadasana he did adjustment on each students, one by one, made sure everyone understand something. If not, he did again.

My turn came. He adjust me, gave instruction what I should work for. Once I did correctly, he said that’s right. I understand his present clearly. Space and grounding, which I never felt.

 

Good teacher gives us presents as much as possible. Some of us receive. Some of us don’t take. Some of us through away.

 

It was special. I keep your present within me, will work for it.

Namaste Zubinji. I’m looking forward to seeing you again.

 

zubinji 2018

ズビン先生からのプレゼント

先週の週末、ズビン先生のワークショップに参加しました。

航路変更と再渡航でとても長いフライトになり、先生は大変お疲れだったはずです。ワークショップの日程は詰め込まれ、2日目は1日8時間に渡るセッションになりました。先生の喉は枯れてしまいそうでした。

 

「みなさんから喉のために色々なものをいただきました。私からの特別のプレゼントを受け取ってください」

チャテゥシパダサナ。先生がアジャストをしてくれる。一人づつ全員に。ちゃんと分かったか確かめ、必要ならもう一回。

私の番が来る。アジャストされ、私にとって何をしなければならないか教えてくれる。ちゃんとできたら、それで良いと教えてもらい、先生が何を伝えたかったか理解する。スペースとグラウンディング。その感覚は初めて感じるものだった。

 

良い先生は、可能な限りたくさんプレゼントを贈ってくれる。それを受け取る人。受け取らない人。捨ててしまう人。

 

それはとても特別なものでした。はい。いただいたプレゼントを大切にして、そのために修練します。

ズビン先生、ありがとうございます。また、お会いする日をお待ちします。

 

 

Advertisements