In RIMYI remedial class, having listened my condition, Abhijata-ji said

’What I can do for you?’

I didn’t know how to answer. But she started helping me. ‘You come.’

 

Even I say nothing,

Senior Iyengar teachers found out my difficulties in class, workshop,

asked me same question. ‘what I can do for you?’

gave me precious advices to follow.

 

I listen students difficulties, ask myself ‘What I can do for her?’

 

Let me fully realize

my experience is not enough,

not like those teachers,

 

Search information, try out,

learn though my body.

Do sincerely what I can do,

wishing it will be even a small help.

 

wishing follow their attitude and steps.

 

私は何をしてあげられるだろう

 

プネ本部の治療クラスで、アビジャタ先生は私のコンディションを聴いて

「何をしてあげられるかしら?」

何と答えていいかわからないでいると、「こっちへきなさい」と指導が始まりました。

 

何も言わなくても、

クラスやワークショップで、アイアンガーヨガの上級の先生達は私の困難に気づいて、

同じ質問をされる。「私に何がしてあげられますか?」

そして、貴重なアドバイスを与えてくれる。

 

生徒さんの困難を聴いて「私は何をしてあげられるだろう」と自問する。

そして、私を指導してくださる先生達との経験の差を痛感する。

 

それでも、情報を集め、やって見て、自分の体を通して識る。

誠意をもって、やれることをやる。ほんの少しの助けにでもなればいいなと願う。

 

その姿勢に、足跡について行きたいと願う。

 

 

Advertisements