‘Could you teach me Kapotasana Les?’

Over 10 years ago, I asked my teacher, knowing it was beyond my limit.

I had been diagnosed as breast cancer.

Because of operation and implant, my performance would not be same.

It might be last chance.

We tried. But he said ‘Not today for you.’

「レス、カポタサナ教えて」

10年以上前、私の限界を超えたポーズと知りながら先生に言った。

乳がんの診断を受けていた。

手術やインプラントで、きっと今の能力とは違って来るだろう。

これが最後のチャンスかもしれない。

やってみたけど、「今日はここまで」だった。

Went though treatment and recovery, came back on my mat.

Analyze what I need to be in Kapotasana.

Don’t go beyond limit.

But trace the limit. Expand the limit a bit by bit.

Reach the toes. elbows on floor.

Yes. My performance is not same.

Thank you all my teachers and Anjani for your guide.

*

治療と回復の後、マットに戻ってきた。

カポタサナに何が必要か分析する。

限界を越えようとするのではなく、

限界をなぞり、少しづつ限界を拡張する。

つま先に触れる。肘を床に。

その通り。今の能力は、前とは違う。

ここまで導いて下さった先生方、アンジャニ先生、ありがとうございます。

Advertisements