Zibinji’s workshop in KL

‘We start afternoon session with silent invocation.

Listen your inner language. Whichever language you talk.’

‘Which language?’ I thought.

I speak 3 languages, Japanese, English and Thai.

ズビン先生のクアラルンプールでのワークショップ

「午後のセッションは、無言のインヴォケーションではじめます。

どのような言語であっても、内なる言葉を聴きます。」

「どの言語だろう?」と考えた

私は、3つの言語、日本語、英語とタイ語で話す

Thought without shape appears in mind.

I give the shape, output into a language, according to the people I talk.

Prayer doesn’t require the shape.

When it is casted into these languages, something are lost.

Are there other language?

思考は形を持たずに頭に浮かぶ

言語化は、誰と話すかによって、形を与える作業だ

祈りは、形を持たない

言葉を鋳た途端、何かが失われる

何か他の言葉はあるだろうか?

Listen the language of breath.

Vibration of breath spread over whole body, whole inner world.

It echos back, tells me how I am.

呼吸の言葉を聴く

呼吸の波が身体の隅々に、全ての内側に広がってゆく

反響して、自分の在り様を話してくれる

Listen the language without sound

no shape but sparkles within

Listen the language of our heart.

音のない言葉を聴く

形はない。でも内なる輝きがある

こころの言葉を聴く