You are currently browsing the category archive for the ‘yoga’ category.

IMG_8207

 

‘All right. I’ll do that T-shirts project.’

 

I took charge the voluntary work – making T-shirts which is a part of the centenary events of Gruji B.K.S. Iyengar

for Iyengar Yoga Community of Singapore.

 

 

The design idea was already in me.

Singapore icon – Marlion

and Gruji’s Simhasana – lion pose.

 

Wishing unite us, all Iyengar practitioners in Singapore.

 

Half of T-shirts profit goes to Bellur Trust. Other half goes to operating costs of Iyengar Yoga Community of Singapore, which works for our union and help.

 

 

シンガポール アイアンガーヨガTシャツ・プロジェクト

 

「じゃあ、そのプロジェクトは私がやります」

B.K.S.アイアンガー師生誕100周年イベントの一部であるTシャツ作りに手を挙げた。

シンガポールのアイアンガーヨガ・コミュニティによるプロジェクト。

 

すでにデザインはアタマの中に。シンガポールのアイコンであるマーライオンと、アイアンガー師のシムハサナ、ライオンのポーズ。

わたし達、シンガポールのすべてのアイアンガー・プラクティショナーを結ぶものとなれますように。

 

Tシャツからの利益の半分は、ベルー基金へ寄付され、残り半分は、私たちを結び、援助する活動するアイアンガーヨガ・コミュニティの活動資金となります。

 

 

Advertisements

In a Sunday morning, International day of Yoga event was planned in Singapore Botanic Gardens.

 

About to starting event, heavy rain started too. We run under a small hat nearby.

Singapore is a small island, has 25 certified Iyengar teachers, 7 studios and quite a number of practitioners.

But

we rarely see other studio people’s face. Life is busy. Singapore time is fast.

 

Rain seemed not to stop soon.

We started event under the hat, used round benches as block, as chair, as stage. We shared the space, thought each other for all of us fit in.

 

Srounded greenish rain and nature, We practiced closely together

under a small hat.

 

Event  was over. Rain too. We walked back to continue our daily life

with beautiful experience.

 

小さな屋根の下で

 

日曜日の朝、シンガポール・ボタニックガーデンで国際ヨガデーのイベントが予定されていました。

まさにそれが始まるという時に、まさかの豪雨。みんなで近くの東屋で雨宿り。

 

小さな島国のシンガポールに、25人のアイアンガーヨガ認定指導員、7つのスタジオ、たくさんのプラクティショナーがいる。でも、他のスタジオの人に会うことは稀。日々忙しくて、シンガポールでの時間はす早く過ぎていく。

 

雨はあがりそうになかったので、小さな屋根の下でイベントを始めることになりました。

東屋を囲んでいた丸いベンチを、ブロックの、イスの、ステージの代わりに。

お互いを思いあって、全員が場所を見つけられるように。

 

緑滴る雨と自然の中で、小さな屋根の下でみんなで一緒にプラクティス。

 

イベントが終わった時、雨もあがって、それぞれの日常に帰って行きました、

素晴らしい時間をココロに留めて。

Last weekend I participated Zubinji’s workshop.

After redirected and restarted long flight, Zubinji must be exhausted. The session schedule was compressed. 2nd day He taught 8 hours a day, almost lost voice.

 

‘Many of you gave me something for my throat. So I’ll give each of you special present.’

In Chatushpadasana he did adjustment on each students, one by one, made sure everyone understand something. If not, he did again.

My turn came. He adjust me, gave instruction what I should work for. Once I did correctly, he said that’s right. I understand his present clearly. Space and grounding, which I never felt.

 

Good teacher gives us presents as much as possible. Some of us receive. Some of us don’t take. Some of us through away.

 

It was special. I keep your present within me, will work for it.

Namaste Zubinji. I’m looking forward to seeing you again.

 

zubinji 2018

ズビン先生からのプレゼント

先週の週末、ズビン先生のワークショップに参加しました。

航路変更と再渡航でとても長いフライトになり、先生は大変お疲れだったはずです。ワークショップの日程は詰め込まれ、2日目は1日8時間に渡るセッションになりました。先生の喉は枯れてしまいそうでした。

 

「みなさんから喉のために色々なものをいただきました。私からの特別のプレゼントを受け取ってください」

チャテゥシパダサナ。先生がアジャストをしてくれる。一人づつ全員に。ちゃんと分かったか確かめ、必要ならもう一回。

私の番が来る。アジャストされ、私にとって何をしなければならないか教えてくれる。ちゃんとできたら、それで良いと教えてもらい、先生が何を伝えたかったか理解する。スペースとグラウンディング。その感覚は初めて感じるものだった。

 

良い先生は、可能な限りたくさんプレゼントを贈ってくれる。それを受け取る人。受け取らない人。捨ててしまう人。

 

それはとても特別なものでした。はい。いただいたプレゼントを大切にして、そのために修練します。

ズビン先生、ありがとうございます。また、お会いする日をお待ちします。

 

 

‘Release hand. Extend arms over head’

When the teacher said, my hands were glued on rope with cold fear.

 

IMG_7102

I felt if I release the hands,

my spine would be broken or

would not be able to come up.

Many times I gave up and came down.

 

That pose challenge me, let me think

why I couldn’t.

I need strong legs, stable lower back

confidence in my strength

courage to go unknown.

 

One day I release hands and extend over,

look behind.

Yes. I make it!

I learn from the process.

 

 

From April, one day (am & pm class) a month my regular class is converted to ‘Challenge class.’ First one is Thursday 5th April. Day is alternate Tuesdays and Thursdays.

In that class we challenge difficult pose step by step. Go forth. Or pose. At our own pace. We learn from every steps. We all are on the way. Rise the challenge!

 

チャレンジクラス

 

「手を離して、腕を頭の上に伸ばして」

と先生が言っても、私の手はロープを握りしめたまま離れない。怖い。手を離したら、背骨が折れそうな気がする。起き上がれないかもしれない。

諦めてロープから降りる。何度も。

 

難しい。なぜ、できないか考える。

強い脚、腰の安定、自分の強さへの自信、未知への勇気が足りない。

 

ある日、手が離れて、腕が伸びて、後ろが見える。やった!

その道程で学ぶ。

 

4月から、通常のクラスが月1日(午前と午後)「チャレンジクラス」になります。4月は5日木曜日。月ごとに週を変え、火曜と木曜を交互にします。クラスでは、難しいポーズをステップバイステップで挑戦します。できるところまで、自分のペースでやって見ましょう。その一歩一歩から学びます。みんな、道半ば。自分に挑戦!

 

4 years before, 1st April 2014 my yoga class in Cocoon Studio started. At that time, studio had no other residence teacher. Not many people knew there was yoga studio in that building. I myself moved into Singapore 2012, knew very few people in this country.

First class I got one student, who was my friend.

 

Regardless how many students I got, I continued teaching the classes.

It was not difficult to keep my motivation.

It is good to see each students closely, their body, habit and emotion.

 

The number of students got increase slowly.

 

I’m happy to see their sincere practice, curious face,

hear bust of laughter, peaceful breath in Savasana.

I’m proud of keep teaching class and students.

 

Namaste to my teachers, students, the people who support me.

Today welcome starting of the 5th year. Together go forward with sparky smiles!

Trikonasana on Pinacle

コクーンでの4年

 

4年前、2014年4月1日、 コクーンスタジオでのヨガクラスを始めました。

その時、スタジオに他の常勤の先生はおらず、そのビルにスタジオがあることすら知られていませんでした。私自身も2012年にシンガポールに引っ越して来たので、国内の知り合いも多くはありませんでした。

最初のクラスに来ていただいたのは、お友達一人だけ。

それが何人であっても、クラスを続けました。モチベーションを保つのは、難しいことではなかったです。生徒さんを、その体、癖、気持ちをよく見られるのは、良いことだからです。

そして、少しずつ、生徒さんの数が増えて行きました。

皆さんの真剣なプラクティス、好奇心に輝く目を見て、大笑いやサヴァサナでの安らかな呼吸を聞くのは、とても嬉しい。

クラスを続けることができて、また皆さんに来て頂いて、本当に良かったと思っています。

先生方に、生徒さんに、私を支えてくださっている方々に感謝します。

今日から5年目。楽しく嬉しくいきましょう。

Stephanie Quirk’s words hit my mind

‘People are happy and positive, when they do something good for them.’

in her workshop, which was about how to assist people in difficult conditions.

IMG_9578

I recalled my days, on the way of recovery from Breast cancer.

My teacher gave me a sequence for recovery.

I believed it must be good for me, did some poses I could do at that day.

I believe I was towards good direction, was positive and happy.

I smiled all the way.

 

Do believe it. Don’t give up. Do even one thing good for you.

Be positive. Be happy.

Keep working forward.

 

ポジティブでハッピーであるために

 

ステファニー・クォークの言葉が心を打つ

「自分に良いことをしている時、人はポジティブでハッピーでいられるのです」

それは、困難な状況にある人の援助に関するワークショップの最中のことだった。

 

その言葉は、乳がんから回復期の日々を思い出させる。

先生が回復のためのシークエンスを教えてくれた。

それを信じて、その日にできるポーズをやってみる。

自分の向く方向を信じて、ポジティブでハッピーでいられる。

いつも微笑んでいられる。

 

信じて。諦めないで。たった一つでもいいから、良いことをやってみる。

ポジティブでハッピーでいる。

前を向いて歩き続ける。

Until I finishing the struggle, taking care Mum days and nights in Japan, I said nothing to my friends, except my Yoga teacher Anjani.

 

I answered her message, couldn’t stop adding my current struggle

with knowing she couldn’t do any actual help from Singapore.

But  I need her words, even I knew it might let her just be worry.

 

I realized I see her as my Mentor, not just a teacher.

 

There is big difference.

How heavy the mentor’s responsibility is.

Namaste Anjani for your whole guidances.

AMSvanasana

先生と師匠

 

日本で母の体調が崩れて、昼も夜も世話が必要だった。

でも、その目処がつくまでは、友人には何も知らせなかった。

ただ一人を除いて。

 

アンジャニ先生が送ってきたメッセージの返信に、つい状況を付け加えてしまう。

シンガポールから実際に助けてもらうことはできないと知りながら。

単に先生を心配させるだけだというのに、それでも先生の言葉を必要とした。

 

アンジャニ先生を先生でなく師匠と感じていると気づく。

 

その違いは大きい。

師匠とはなんて重い責任を負うのだろう。

ナマステ、アンジャニ先生。その総ての指導に。

After heart-warming New Year days, Mum’s condition got problem. Fortunately it was not life-threaten problem and no pain. Unfortunately her doctor was in holiday. I decided to take care her until her next medical appointment, which was only 5 days later.

That was first experience for Mum and me.

 

Urdva_Mukha_SvanasanaMum needed help days and nights.

She was upset with her unexpected helplessness.

I tried to keep myself be calm and practical,

still couldn’t stop asking myself

whether my each decisions were right or wrong.

Time went by, I felt myself tight.

 

Find Mum’s stable time

Step on my yoga mat

Realize my heart was tight like a nutshell.

Inhale approaches the shell.

Exhale let it loosen, soften, opened up.

Emotions flows out.

 

Step out from mat to Mum’s room

with smile from my heart. I come back myself.

 

心を開く

 

愉しいお正月の後、母の体調が崩れた。痛みはないし、命に関わるものではなかったけれども、担当のお医者さんはまだお正月休み中。このまま次の診察予定日まで、母の世話をすると決断した。たった5日間だった。

 

こんなことは、母にも私にも初めてのこと。

 

母は夜も昼も手伝いが必要だった。突然の不自由さは彼女自身が一番辛いのだろう。私自身は冷静に現実的に努める。それでも、ひとつづつの決断は果たして正しいのだろうかと自分に問い続けた。

だんだん、自分が硬くなっていく。

 

母が安定している時を見計らって、ヨガマットに立つ。

心が硬い殻に覆われているように感じる。

吸う息を殻に届けて。吐く息でそれを緩めて、柔らかくして、開く。

感情が流れ出す。

 

マットから母の部屋へ。心から微笑んで、自分に戻って。

Even how many time we listen, read, it’s different to feel once.

 

‘Upavistakonasana. Extend forearms horizontally. Extend energy horizontally.’

In his workshop Olop Arpipi extend his long arms and legs spectacularly.

Oh yes. I feel it.

olop upavistakonasana

Even muscular action is needed, stop forcing the energy to move.

The more we force, it’s caught and stacked.

 

Feel the quality of energy,

dense energy flows downward, light energy flows upward

complete balance is full-filling as Stillness.

 

Muscular action? Alignment? Breathing?

It’s already there.

 

Namaste Olop-sensei. I’m looking forward to seeing you again.

 

上方 下方 静寂

 

なんど聞いても読んでも、たった一度感じることとは違う。

 

「ウパヴィスタコナサナ。前腕を水平に伸ばして。気を水平に伸ばして。」

ワークショップで、オロップ先生の長い脚と腕が真横に伸びてゆく。

気を感じる。

olop workshop 2017

筋力が必要とされると言っても、気は無理強いできるものではない。

無理強いしようとすればするほど、縮こまって硬くなる。

 

気の質を感じる。

密度の高い気は下方へ。密度の低い気は上方へ。

完全な均衡で、静寂が満ちる。

 

筋力?アラインメント?呼吸?

それは、既にそこにある。

 

ナマステ オロップ先生。またお会いする日を楽しみにしています。

 

‘You coughed in Salamba Sarvangasana. You might,,,’

‘Oh! I sometimes has bronchus. I know, I know.’

I stopped saying the suggestion. She might be right.

She has her knowledge, her thoughts, no more space.

2cups

Unfortunately

when I started learning yoga, my English was not good.

I could roughly understood what my teacher said,

but couldn’t ask him questions and always questioned my own understanding.

Reluctantly I closed my mouth, kept my questions and his words in my mind.

What I could do was I did experiments and felt what’s happened actually

to see what were them.

It becomes my habit.

 

Later I realized it was Fortune.

Listen carefully, explore within myself with the teacher’s words as my guide.

Found far more treasure than I expected.

 

Guruji said

‘When you come to class, come as an empty cup.

If the glass is filled up already, no more water comes in.’

 

カップの中の水

 

「ショルダースタンドで咳をされていましたね。それは、もしかしたら、、、」

「あぁ、私、気管支炎気味なんです。わかってます。大丈夫です。」と遮られる。

もう、何も言えない。その通りかもしれない。知識も豊富だし、頭もいい。

その中は自分の考えでいっぱい。

 

不運なことに

ヨガを始めた時、あまり英語がわからなかった。

先生が何を言ってるのか大まかにわかるけど、質問できないし、自分の理解も疑がわしい。

仕方なく黙って、質問や先生の言葉を覚えておいて、それが何かを知るために実際に何が起こるか実験する。

それが、習慣になった。

 

後に、それは幸運だったと気づいた。

注意深く聞いて、先生の言葉に沿って自分の中を探検する。

予測していた以上の宝物を発見する。

 

グルジの言葉に

「クラスに来るとき、空のカップとして来なさい。

もうカップがいっぱいだったら、新しい水を注いであげられないよ。」

Cocoon Studio

Tuesdays and Thursdays 10am to 1130am and 3pm to 430pm. 4 classes a week.

Thursday 19th July class am class is off, pm class is on.

Challenge class in August is Thursday 16th.

コクーン・スタジオ

毎週火曜と木曜の午前クラス(10時から11時半まで)と午後クラス(3時から4時半まで)週4クラスです。

誠に勝手ながら、7月19日木曜日の午前のクラスは休講とさせていただきます。午後のクラスは通常通り開講いたします。

8月のチャレンジクラスは16日木曜日です。

Enter your email address to subscribe to this blog and receive notifications of new posts by email.

Join 148 other followers

Categories

Follow me Instagram 'natsukonat'

Feel backside 後面を感じる - #yoga #yogasingapore #iyengaryoga #cocoonstudiosg #singapore #duxtonplainpark #ヨガ #シンガポールヨガ #ヨガシンガポール #シンガポールライフ #アイアンガーヨガ #コクーンスタジオ #シンガポール #ardhamatsyendrasana #アダマツエンドラサナ
Sunday afternoon Uniqlo remake ユニクロをリメイクする日曜の午後 - #yoga #yogasingapore #cocoonstudiosg #ヨガ #シンガポールヨガ #ヨガシンガポール #シンガポールライフ #コクーンスタジオ #ユニクロ #ペイントtシャツ #uniqlo #painttshirt #lotusprint
Cocoon studio open house today! Had fun! 今日はコクーンスタジオのオープンハウスでした。楽しかった〜 - #yoga #yogasingapore #iyengaryoga #cocoonstudiosg #singapore #tgpagar #outram #duxtonplainpark #ヨガ #シンガポールヨガ #ヨガシンガポール #シンガポールライフ #アイアンガーヨガ #コクーンスタジオ #シンガポール
Effortless in effort 努力の内に生じるのびやかさ - #yoga #yogasingapore #iyengaryoga #cocoonstudiosg #singapore #tgpagar #outram #duxtonplainpark #ヨガ #シンガポールヨガ #ヨガシンガポール #シンガポールライフ #アイアンガーヨガ #コクーンスタジオ #シンガポール #ヘッドスタンド #蓮華座 #サランバシルシャーサナ #urdhvapadmasanainsirsasana
Challenge class in July is on Tuesday 3rd. Let’s try! 7月のチャレンジクラスは3日の火曜日。やってみましょう! - #yoga #yogasingapore #iyengaryoga #cocoonstudiosg #singapore #tgpagar #outram #duxtonplainpark #ヨガ #シンガポールヨガ #ヨガシンガポール #シンガポールライフ #アイアンガーヨガ #コクーンスタジオ #シンガポール #逆立ち #ハンドスタンド #adhomukhavrksasana #handstand
‘Wind Walkers’ Theo Jansen’s Strandbeests. Man made creatures with bones, kinetic systems and nerves. Impressed. テオ・ジャンセンの波打ち際の生き物「ウィンド・ウォーカー」を観てきました。ヒトの手で作られた、骨と運動システム、神経がある生き物。すごく面白かった。 - #windwalker #artsciencemuseumsingapore #アートサイエンスミュージアム
Advertisements
%d bloggers like this: