You are currently browsing the category archive for the ‘yoga’ category.

Nat’s class in ex-Cocoon studio ended

on Thursday 27th March 2020.

Thank you for your support for 5 years and 11 months.

It was happy days

with new awareness every day, with walking together.

2020年2月27日木曜日をもって、

旧コクーンスタジオでのクラスを閉講いたしました。

5年11ヶ月にわたるサポートを

ありがとうございました。

Now it’s time to re-new. I start new step,

believe our paths will cross somewhere sometimes.

See you again.

Namaste

日々気づきがあり、

一緒に歩んで来れたとても幸せな日々でした。

一区切りをつけ、

また新しい一歩を踏み出したいと思います。

いつかどこかで又道が交わり、

お会いできると信じています。

ナマステ

‘I think my spine was extended in this pose’

Stephanie Quirk replied.

‘I’m not asking your conclusion.

Why you think so? I’m asking your feeling.’

「このポーズで、背骨が伸びたと思います。」

に、ステファニー・クォーク先生は言う。

「推論を訊いてるのではありません。なぜそう思いましたか?

あなたの感覚を訊いてるのです。」

For brain-understanding we need conclusion.

Extract major feeling. Analyze. Check with knowledge. Seek correct answer.

頭で理解するためには、推論が要る。

強い感覚を抽出し、分析し、知識に照らし、正しい答えを探す。

But on the way, many colors of feeling are lost.

でも、その過程で感覚の多くの色みが失われる。

Without being captured by knowledge,

can we see our feeling as whole picture?

See its gradations, hidden color, vividness,

unexpected scene.

知識に捕われず、感覚の全景を観る事ができるだろうか?

グラデーションを。隠れた色を。鮮やかさを。

思ってもみなかった光景を。

Namaste Stephanie. See you next year.

Photo by David Goh

Anjani questioned

‘How we use breath? And how breath change us?’

アンジャニ先生が問う。

「呼吸をどのように使いますか?

呼吸はどのような変化をもたらしますか?」

Stand straight. Inhale.

With exhaling, go into Forward-bend.

Exhale brings trunk deep down.

Inhale makes trunk longer.

Breath works vertically.

真っ直ぐに立って、息を吸う。

息を吐きながら、前屈する。

息を吐くと、より深く曲げられる。

息を吸うと体幹が伸びる。

呼吸は上下方向に働く。

Cease control breath. Watch.

Feel the ripple of breath.

from center to periphery. Spread in concentric circles.

呼吸を操ることをやめ、観察する。

呼吸のさざ波を感じる。

中心から周縁へ。同心円状に拡がる。

Ripples meet boundary, reflect back, marge together.

When surface becomes quiet, boundary vanishes.

さざ波が境界にあたり、反射して、重なり合う。

表面が静まる時、境界は消え去る。

I attended Birjoo Mehta-ji’s workshop

which was his 8th time for me.

Every time he showed new insight.

べルジュ・メタ先生のワークショップに参加しました。

これで、先生のワークショップは8回目。

それでも、いつも新しい視界を観せてもらえる。

New insight erase accustomed practices,

erases ‘What I knew’ ‘Who I was.’

pours something-unknown into us. Realization appears.

新しい視界は、

習慣を、「もう、知っていること」を、

「私は誰であるか」を消去する。

私の内に見知らぬものを差し入れ、理解が現れる。

Wake up at Dawn

Realize I forgot to off the light last night.

Yesterday’s vibes are left.

Room is blight. Outside is dark.

明け方に目覚めて、

昨夜、照明を消すのを忘れていたと気づく。

昨日の気配がする。

部屋は眩しく、外は暗い。

Off the light. Open window.

Suddenly morning light is poured into room.

New sight. Brand-new me starts.

照明を消し、窓を開くと

朝のひかりが部屋に差し込む。

新しい視界。真新しい自分がはじまる。

Namaste and see you again Birjoo-ji

Click here for workshop photos

ボビークレネル先生のワークショップ 2019


The third day of her workshop was

about women’s menstrual cycle and menopause.

ボビー先生のワークショップ3日目は、

女性の月経周期と更年期についてだった。

During she talks about Menopause symptoms,

I recalled at that period.

更年期の症状についての話の間、

その頃の事を思いかえしていた。

She saw me, saying

‘You look really understated what it is.’

‘Yes. I really do.’ We laughed.

先生は私を見て、「憶えがあるみたいね」

「はい。まさにその通りでした。」と、笑いあった。

workshop ended. I talked with her.

‘I wish I knew this, when I was.’

’It’s too late?’

‘No. I will pass this knowledge to others’

We smiled.

ワークショップが終わって

「あの頃、これを知っていたらよかったのにと思いました。」

「遅すぎた?」

「いいえ、この知識を他の人にお伝えします。」

又、笑いあった。

The words of the person who experienced it, show real touch.

Namaste Bobby!

経験した人の言葉は、現実の感触がする。

ナマステ、ボビー!

Click here for workshop photos

After 4 days Jawaharji’s workshop, I went back into my normal life.

Walk. Stand. Swim. Practice. I felt better performance.

Something was changed.

4日間のジャワハ先生のワークショップの後で、日常的に戻る。

歩く。立つ。泳ぐ。練習する。前よりいい感じ。

何かが変わった。

He is like a doctor.

He examines us by his sharp eyes.

He gives diagnosis though our own realization

He operates without knife but with Asana

Operation is done.

He smiles. Big smile.

先生は医師のようだ。

鋭い目で観て検査する。

自己認識として診断を与える。

メスでなくアサナで手術を行う。

手術完了、破顔一笑。

I got treatment – principle.

I will work on it, till next time I see you.

Namaste Jawaharji.

治療方針はいただきました。

次回にお目にかかるまでに、良い方向になるよう努力します。

ジャワハ先生、ありがとうございました。

Click here for workshop photos

‘Don’t be caught in Anatomy’ Anjani said.

I wondered what she meant. I love analyze Asana though Anatomy.

「解剖学に捕らわれてはいけない」とアンジャニ先生は言う

でも、アサナを解剖学で分析するのが好き

Map shows geometric feature of place.

It’s easier to let brain understand there as abstract figure

But many more reality is lost.

地図は、場所を幾何学で示す

頭脳に抽象的な形として理解しやすくしてくれる

でも、たくさんのリアリティが失われる

Anatomy tells human construction.

It’s easier to let brain understand it’s kinetic system.

But many more relations are lost.

解剖学は人体の構造を語ってくれる

頭脳にその運動システムを理解しやすくしてくれる

でも、たくさんの関係が失われる

Brain-driving practice loose many more.

Heart-driving practice find many more.

頭脳でのプラクティスは多くのものを取り落とす

こころでのプラクティスは多くのものを見つける

Practice Asana

アサナのプラクティス

Feel the sensation

Feel engage, stretch, stuck, freedom

Feel alignment, energy flowing

どんな感じ?

つかってる、伸びてる、

つまってる、のびのびしてる

きれいに揃ってる、流れを感じる?

Visualized feeling

Brain analyzes what’s happening

Heart finds the road

感じを視覚化する

頭脳は何が起こっているかを分析する

こころは行き先を見つける

Zibinji’s workshop in KL

‘We start afternoon session with silent invocation.

Listen your inner language. Whichever language you talk.’

‘Which language?’ I thought.

I speak 3 languages, Japanese, English and Thai.

ズビン先生のクアラルンプールでのワークショップ

「午後のセッションは、無言のインヴォケーションではじめます。

どのような言語であっても、内なる言葉を聴きます。」

「どの言語だろう?」と考えた

私は、3つの言語、日本語、英語とタイ語で話す

Thought without shape appears in mind.

I give the shape, output into a language, according to the people I talk.

Prayer doesn’t require the shape.

When it is casted into these languages, something are lost.

Are there other language?

思考は形を持たずに頭に浮かぶ

言語化は、誰と話すかによって、形を与える作業だ

祈りは、形を持たない

言葉を鋳た途端、何かが失われる

何か他の言葉はあるだろうか?

Listen the language of breath.

Vibration of breath spread over whole body, whole inner world.

It echos back, tells me how I am.

呼吸の言葉を聴く

呼吸の波が身体の隅々に、全ての内側に広がってゆく

反響して、自分の在り様を話してくれる

Listen the language without sound

no shape but sparkles within

Listen the language of our heart.

音のない言葉を聴く

形はない。でも内なる輝きがある

こころの言葉を聴く

Namaste and see you again Zubinji

Click here for workshop photos in KL and Singapore

When I learned we must move home, my first thought was

‘Oh! No! it’s troublesome!’

引っ越ししなきゃいけないと知った時、まず最初に思ったのは

「えー!めんどくさい!」

Step in to my Yoga room.

7 years practiced with this white wall.

I see my foot prints

in Handstand-high, Pincha-high, Setubandha-high.

Now I need to clean up.

ヨガ部屋に入る。

この白い壁での7年間の練習で、

逆立ち、ピンチャ、セツバンダの高さに足跡がある。

掃除しなくては。

Wall is teacher.

She supports us, teaches us what is upright.

Do I realize I progressed with her help?

壁は先生。

支えてくれ、何が垂直か教えてくれる。

その助けで、成長できたのではなかったか。

Sprinkle Baking powder on wet cloth.

Pour vinegar. Let it bubble up.

Apply on the wall. Wait 2-3 mins.

Clean up with wet cloth

Clean up with gratitude.

Cleaning becomes prayer.

濡れた布にベーキングパウダーを振って

酢を垂らして、発泡させる。

壁に塗って、数分待って

濡れた布で拭き取る。

感謝をもって掃除する。

作務は祈りになる。

‘Nice to meet you.

I’m Nat, Certified in Bangkok.’

When I went Anjani’s class for first time,

I felt she was far away.

「初めまして。

バンコクで指導員認定を受けたナツコです。」

初めてアンジャニ先生のクラスを受けた時は、

先生が随分遠くに感じた。

Having learned with her years and years,

one day I asked her

‘what is the Mentorship?’

‘It’s the way I teach you.’

先生について数年たち、ある日、訊ねてみた。

「メンターシップて何ですか?」

「それは、今私があなたにしていることよ」

No additional payment is required

No fixed schedule

特別な授業料もなく

決められた日程もない。

sincere learning is required

attentive watching is required

continuously

継続して

真剣に学び、

注意深く見ることが求められる。

It’s spontaneous relationship

between two practitioners

それは、ふたりのプラクティショナーのあいだに

自然に起こる関係





Now I feel she is close by.

Gratitude to precious time and relationship

今は先生が近くに感じる。

貴重な時間と関係に深い感謝を。

Enter your email address to subscribe to this blog and receive notifications of new posts by email.

Join 171 other followers

Follow me Instagram 'natsukonat'

Categories

Posts

%d bloggers like this: