You are currently browsing the tag archive for the ‘ヨガ’ tag.

‘Don’t be caught in Anatomy’ Anjani said.

I wondered what she meant. I love analyze Asana though Anatomy.

「解剖学に捕らわれてはいけない」とアンジャニ先生は言う

でも、アサナを解剖学で分析するのが好き

Map shows geometric feature of place.

It’s easier to let brain understand there as abstract figure

But many more reality is lost.

地図は、場所を幾何学で示す

頭脳に抽象的な形として理解しやすくしてくれる

でも、たくさんのリアリティが失われる

Anatomy tells human construction.

It’s easier to let brain understand it’s kinetic system.

But many more relations are lost.

解剖学は人体の構造を語ってくれる

頭脳にその運動システムを理解しやすくしてくれる

でも、たくさんの関係が失われる

Brain-driving practice loose many more.

Heart-driving practice find many more.

頭脳でのプラクティスは多くのものを取り落とす

こころでのプラクティスは多くのものを見つける

Practice Asana

アサナのプラクティス

Feel the sensation

Feel engage, stretch, stuck, freedom

Feel alignment, energy flowing

どんな感じ?

つかってる、伸びてる、

つまってる、のびのびしてる

きれいに揃ってる、流れを感じる?

Visualized feeling

Brain analyzes what’s happening

Heart finds the road

感じを視覚化する

頭脳は何が起こっているかを分析する

こころは行き先を見つける

When I learned we must move home, my first thought was

‘Oh! No! it’s troublesome!’

引っ越ししなきゃいけないと知った時、まず最初に思ったのは

「えー!めんどくさい!」

Step in to my Yoga room.

7 years practiced with this white wall.

I see my foot prints

in Handstand-high, Pincha-high, Setubandha-high.

Now I need to clean up.

ヨガ部屋に入る。

この白い壁での7年間の練習で、

逆立ち、ピンチャ、セツバンダの高さに足跡がある。

掃除しなくては。

Wall is teacher.

She supports us, teaches us what is upright.

Do I realize I progressed with her help?

壁は先生。

支えてくれ、何が垂直か教えてくれる。

その助けで、成長できたのではなかったか。

Sprinkle Baking powder on wet cloth.

Pour vinegar. Let it bubble up.

Apply on the wall. Wait 2-3 mins.

Clean up with wet cloth

Clean up with gratitude.

Cleaning becomes prayer.

濡れた布にベーキングパウダーを振って

酢を垂らして、発泡させる。

壁に塗って、数分待って

濡れた布で拭き取る。

感謝をもって掃除する。

作務は祈りになる。

‘Nice to meet you.

I’m Nat, Certified in Bangkok.’

When I went Anjani’s class for first time,

I felt she was far away.

「初めまして。

バンコクで指導員認定を受けたナツコです。」

初めてアンジャニ先生のクラスを受けた時は、

先生が随分遠くに感じた。

Having learned with her years and years,

one day I asked her

‘what is the Mentorship?’

‘It’s the way I teach you.’

先生について数年たち、ある日、訊ねてみた。

「メンターシップて何ですか?」

「それは、今私があなたにしていることよ」

No additional payment is required

No fixed schedule

特別な授業料もなく

決められた日程もない。

sincere learning is required

attentive watching is required

continuously

継続して

真剣に学び、

注意深く見ることが求められる。

It’s spontaneous relationship

between two practitioners

それは、ふたりのプラクティショナーのあいだに

自然に起こる関係





Now I feel she is close by.

Gratitude to precious time and relationship

今は先生が近くに感じる。

貴重な時間と関係に深い感謝を。

‘Wow! Such a cute plant. The round leaves look don’t have weight.’

I bring back the tropical-bonsai pot.

Holding in my palms, I found out the pot was quite heavy.

「かわいいポット。葉っぱが丸くて、重さがないみたい」

トロピカルな盆栽を購入。

受け取ったら、意外に重い。

Leaves are smiling,

round and flat, floating in the air.

Thin stem comes out

from a big chunk of root.

葉っぱはふわふわ笑いながら

空中に浮かんでいる。

か細い茎は大きな根塊から伸びている。

Heavy roots grasp earth. Leaves float.

Lower body grounds. Upper body becomes light.

Emotion is sterilizes. Psyche is clear.

重い根は地面を掴み、葉は浮かんでいる

下半身は床に繋がり、上半身は軽い。

感情は安定し、精神は澄み渡る。

Smiling

微笑みがこぼれる

When the time comes, Sakura blooms.

Pink-mist appears everywhere.

時が来たら桜が咲いて、

ピンクの霞があちこちに現れる。

Full blooms only couple of days in a year.

It can’t be controlled by human.

満開は一年に数日だけ。

人の手でコントロールすることはできない。

Sakura needs coldness in winter for producing baby buds.

Spring approaches. Cold and warm day comes one after the other.

Buds grows slowly, feels warm Sunlight, sweetness of Spring,

blooms gracefully.

冬の寒さで花の芽を孕む。

春が近づいて、寒い日と暖かい日が行き来する。

蕾はゆっくりと育ち、

暖かい日差しを、甘美な春を感じて花開く。

All the other days makes this precious moments.

これまでの時間がこの瞬間のために。

5 years is completed from the first day I taught in Cocoon studio.

I believe daily practice let awareness blooms.

Thank you so much for being with me

till now and from now on.

コクーンスタジオで指導を始めて5年が経ちました。

日々の練習が気づきを咲かせてくれると信じています。

これまでありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします。

After workshop was completed, before leaving Iyengar Yoga Studio Bangkok,

I went to see my teacher.

ワークショップが終わって、バンコクのアイアンガーヨガ スタジオを去る前に

先生にご挨拶を。

She hold my hands and said

‘You practice well, have enough knowledge.

But Yoga is not only that, you know. Mostly you need us keep your mind cool.’

She looked in my eyes.

先生は私の手を握って私の目を見つめる。

「よく練習してる。知識もある。でも、ヨガはそれだけではないでしょう?

あなたに一番必要なことは、冷たい心を保つことだと思う。」

In Thai language, ‘cool mind’ means calm.

‘Hot mind’ means passion, impatience, anger.

My nature is fire.

I’m easy to fire up. Once I burned out.

タイ語で「冷たい心」では冷静さを、

「熱い心」は情熱、焦り、怒りを意味する。

私は強い炎。

すぐ燃え上がる。燃え尽きてしまった事もある。

She kept saying ’calm down’ to me,

when I was with her.

I left her over 6 years,

came back into fire-nature.

先生と居た時は、いつも「冷静に」と繰り返し言われていたのに、離れて6年。

すっかり元の炎に戻ってしまっていた。

*

When unexpected things happens, I fire up.

Do every things which should be done, were done with strong fire.

Once it’s done, I must be calm.

I hear her voice within. ‘Be calm. Be calm. Ba calm.’

Then I see things more clearly.

意外な事が起こると、つい燃え上がってしまう。

炎を持ってやるべき事をやり終えたら、冷静にならなければならない。

耳の内で先生の声が聞こえる。「冷静になって」

物ごとがより明確に見えてくる。

*

Namaste kru Lek.

ナマステ レック先生

Step on my mat in the morning.

Virasana, Adho Mukha Virasana and Svanasana

Same room, same mat, same poses,

still feel differently everyday.

 

朝、マットに立つ。

ヴィラサナ、アドムカ・ヴィラサナ、サヴァナサナ。

同じ部屋、同じマット、同じポーズ。

でも、毎朝違う感覚。

 

Even on same heel,

someday weight on outer, someday on inner.

Yesterday’s adjustment is not applicable.

Prejudgement leads to mistake. Be neutral in observation.

New day, new feeling, new measure.

 

同じ踵でさえ、ある日は重さは外側に、ある日は内側に。

昨日のアジャストは使えない。

予断は間違いにつながる。ニュートラルに観察する。

新しい日には新しい感覚が。新しい対応を。

BB31C318-0B78-4029-8E76-3AE8F2EC7781.jpeg

She hurt my feeling. Don’t wanna see her.

Facing her with dislike hurts me more and more.

Keep wasting my energy.

 

この前嫌な事があった。顔も見たくない。

そう思うだけで、どんどん嫌になっていく。

エネルギーの無駄遣い。

 

Past is past. Today is new day.

Face her without dislike. No need to like her too.

Be neutral.

Without pre-judgement, things goes well unexpectedly.

Keep energy in positive way.

 

昨日は昨日。今日は新しい日。

顔を合わせても、好きになろうとしなくていい。

ニュートラルで居る。

決めつけなければ、物事は意外にうまく運ぶ。

エネルギーを良い方向に向ける。

My precious friend visits me every August.

I’m happy to see her’s and her little girl’s face, to update our lives.

 

Decade ago we met in a Vinyasa yoga studio in Bangkok over for the first time.

We took Yoga Teacher training together, sat closely, helping English each other.

We had different opinions, argued sometimes.

Later we moved on different passages. She is Ashtangi. I’m Iyengars.

We respect each other, believe we all a same peak of Yoga,

but climb individual passage.

 

Gratitude to Yoga – Union and the time and place which offer us.

Namaste from us to Adrian who let us meet!

 

毎年、夏になると彼女は私を訪れてくれる。可愛い娘を連れて、お喋りに花が咲く。

 

初めて会ったのは、もう10年以上前、バンコクのヴィンヤサのスタジオだった。

一緒にティーチャートレーニングを受けた。肩寄せ合って、わからない英語を助け合う。

でも、見方は違っていて、時にぶつかる。

その後、彼女はアシュタンガへ、私はアイアンガーへ。

それでも、お互いを尊重する。私達はみんなヨガという山の頂点を目指して登っている。

ただ、ひとりひとり登る路が違うだけ。

 

私の大切なともだち。私達を結ぶヨガに、それをもたらしてくれた時間と場所に感謝する。

‘I’m thinking to stop doing yoga. My pose is far from perfect. I’m depressed.’

she said.

d531b1ce-2b94-4121-97d9-5c21fee11c42

 

Well.

No one does perfect pose.

If we reach the perfection,

it is the dead end, isn’t it?

 

I don’t think I can reach perfection,

but I’m not depressed. Why?

 

I’m headed for perfection

losing, struggling,

exploring this route, that route.

 

Sometimes

‘Aha!’ moment comes, like signpost.

Wow! I’m happy!

That’s why I’m nor depressed.

I’m busy in exploring.

 

 

完壁への探求

 

「もうヨガやめようかな。ポーズが全然完ペキじゃなくて、落ち込む。」と彼女はいう。

でも、

完壁なポーズをする人なんていない。完壁にたどり着いてしまったら、そこで終わりだよ?

 

私も、完壁なポーズなんてできると思わない。でも、落ち込んだりしない。なぜ?

 

完壁に向かって進む。道に迷い、困難に遭い、あっちこっちと探し求める。

ときおり、「あ、そうだったのか」という瞬間が訪れる。標識のように。

それが、嬉しくて。

だから落ち込んだりしない。探し求めるのに忙しい。

 

 

 

In RIMYI remedial class, having listened my condition, Abhijata-ji said

’What I can do for you?’

I didn’t know how to answer. But she started helping me. ‘You come.’

 

Even I say nothing,

Senior Iyengar teachers found out my difficulties in class, workshop,

asked me same question. ‘what I can do for you?’

gave me precious advices to follow.

 

I listen students difficulties, ask myself ‘What I can do for her?’

 

Let me fully realize

my experience is not enough,

not like those teachers,

 

Search information, try out,

learn though my body.

Do sincerely what I can do,

wishing it will be even a small help.

 

wishing follow their attitude and steps.

 

私は何をしてあげられるだろう

 

プネ本部の治療クラスで、アビジャタ先生は私のコンディションを聴いて

「何をしてあげられるかしら?」

何と答えていいかわからないでいると、「こっちへきなさい」と指導が始まりました。

 

何も言わなくても、

クラスやワークショップで、アイアンガーヨガの上級の先生達は私の困難に気づいて、

同じ質問をされる。「私に何がしてあげられますか?」

そして、貴重なアドバイスを与えてくれる。

 

生徒さんの困難を聴いて「私は何をしてあげられるだろう」と自問する。

そして、私を指導してくださる先生達との経験の差を痛感する。

 

それでも、情報を集め、やって見て、自分の体を通して識る。

誠意をもって、やれることをやる。ほんの少しの助けにでもなればいいなと願う。

 

その姿勢に、足跡について行きたいと願う。

 

 

Enter your email address to subscribe to this blog and receive notifications of new posts by email.

Join 173 other followers

Follow me Instagram 'natsukonat'

Categories

Posts

%d bloggers like this: