You are currently browsing the monthly archive for February 2020.

Nat’s class in ex-Cocoon studio ended

on Thursday 27th March 2020.

Thank you for your support for 5 years and 11 months.

It was happy days

with new awareness every day, with walking together.

2020年2月27日木曜日をもって、

旧コクーンスタジオでのクラスを閉講いたしました。

5年11ヶ月にわたるサポートを

ありがとうございました。

Now it’s time to re-new. I start new step,

believe our paths will cross somewhere sometimes.

See you again.

Namaste

日々気づきがあり、

一緒に歩んで来れたとても幸せな日々でした。

一区切りをつけ、

また新しい一歩を踏み出したいと思います。

いつかどこかで又道が交わり、

お会いできると信じています。

ナマステ

I can’t speak English fluently,

even living in abroad 18 years.

Not only me. Many people are. But react differently.

18年も外国に住んでいても、

今だに上手に英語が話せない。

私だけじゃない。でも、反応は様々。

Some of us give up the communication.

Avoids to speak as much as possible.

When things doesn’t go well, becomes angry.

but what one can do?

コミュニケーションを諦める人もいる。

出来るだけ話さない。

物事がうまくいかないと、不満を溜める。

でも、どうする事もできない。

Or gives one way talking,

demands but no listening.

Fear people knows own disability.

People doesn’t listen who don’t listen them.

一方的に話す人もいる。

要求するだけで聴かない。

自分の無能を知られる事を恐る。

人は、自分の話を聴かない人の話は聴かないものだ。

Some of us try to communicate.

Listen attentively. Talk in simple words.

Make lots of mistakes, asks to talk slowly, explain again.

Sounds embarrassing but understandable.

Understanding brings happiness.

コミニュケートしようとする人もいる。

注意深く聴いて、シンプルな言葉を話す。

失敗を重ね、

もっとゆっくり話してと、もう一度説明してと頼む。

恥ずかしいけど、理解が生まれる。

理解は、喜びをもたらしてくれる。

When I talk in Japanese, I can talk in roundabout way.

In English, my brain is occupied with processing English.

I need to talk in simple English, straightforward.

Over 18 years it effects on me, together with Yoga practice.

私でも日本語で話す時は、遠回しに言ったりもできる。

英語では、アタマは英語を処理するので一杯いっぱい。

英語で話す時は、率直でシンプルな言葉しか話せない。

18年の月日が、私に影響及ぼす。ヨガも。

Listen attentively. Act simply. Live happily.

注意を研ぎ澄まし、シンプルに行動する。幸せに生きる。

Photo by David Goh

‘I think my spine was extended in this pose’

Stephanie Quirk replied.

‘I’m not asking your conclusion.

Why you think so? I’m asking your feeling.’

「このポーズで、背骨が伸びたと思います。」

に、ステファニー・クォーク先生は言う。

「推論を訊いてるのではありません。なぜそう思いましたか?

あなたの感覚を訊いてるのです。」

For brain-understanding we need conclusion.

Extract major feeling. Analyze. Check with knowledge. Seek correct answer.

頭で理解するためには、推論が要る。

強い感覚を抽出し、分析し、知識に照らし、正しい答えを探す。

But on the way, many colors of feeling are lost.

でも、その過程で感覚の多くの色みが失われる。

Without being captured by knowledge,

can we see our feeling as whole picture?

See its gradations, hidden color, vividness,

unexpected scene.

知識に捕われず、感覚の全景を観る事ができるだろうか?

グラデーションを。隠れた色を。鮮やかさを。

思ってもみなかった光景を。

Namaste Stephanie. See you next year.

Photo by David Goh

Anjani questioned

‘How we use breath? And how breath change us?’

アンジャニ先生が問う。

「呼吸をどのように使いますか?

呼吸はどのような変化をもたらしますか?」

Stand straight. Inhale.

With exhaling, go into Forward-bend.

Exhale brings trunk deep down.

Inhale makes trunk longer.

Breath works vertically.

真っ直ぐに立って、息を吸う。

息を吐きながら、前屈する。

息を吐くと、より深く曲げられる。

息を吸うと体幹が伸びる。

呼吸は上下方向に働く。

Cease control breath. Watch.

Feel the ripple of breath.

from center to periphery. Spread in concentric circles.

呼吸を操ることをやめ、観察する。

呼吸のさざ波を感じる。

中心から周縁へ。同心円状に拡がる。

Ripples meet boundary, reflect back, marge together.

When surface becomes quiet, boundary vanishes.

さざ波が境界にあたり、反射して、重なり合う。

表面が静まる時、境界は消え去る。

Enter your email address to subscribe to this blog and receive notifications of new posts by email.

Join 171 other followers

Follow me Instagram 'natsukonat'

Categories

Posts

%d bloggers like this: