’Oh! I don’t, but thanks’

friend offers candies. But I don’t take too sugary sweets.

 

’This one is nice.’ she pointed out in a fruits store.

Is this grapes? Or gummy candies grown in orchard?

Yummy! May I have one more?

13AC7DFD-9F0A-4905-94CC-E4A754AA156B

フレッシュ・グミの季節

「ありがとうございます。でも、結構です。」

アメやグミを差し出してもらっても、あまり砂糖そのもののお菓子はちょっと。

 

果物屋さんで「これ、美味しいよ」と指差された先は。

これってぶどう?それとも、木になるグミ?

美味しい!もう一つ食べようかな。

 

 

Advertisements

One night a TV news program showed a Japanese man, apologized in authentic manner. Still he was accused strongly.

’He apologized well. The Japanese society is so intolerant nowadays’ another Japanese man deplored.

How comes? How blind they were. One man said the words with tongue. One man heard the words with head. Both without heart.

They can’t see what they can’t see, think others can’t see too.

Practice.

 

Work on body. Hear the sound of breath. See within.

See what can’t be seen from outside.

The view is transformed. World is transformed.

 

謝罪の言葉

 

ある日、テレビに謝罪会見が映っていた。謝罪の言葉を述べても、厳しく責められていた。

「ちゃんと謝罪したのに、責められるなんて、日本の社会は厳しい」と苦々しく言う言葉に耳を疑った。

見えないの?ひとりの謝罪は言葉だけ。もうひとりはそれを言葉として聞いているだけ。

こころが見えていない。

見えるものしか見えていない。みんな同じだと考えている。

 

プラクティスする。

 

身体を鍛錬する。呼吸に耳を澄ませる。内側を観る。

外側から見えないものを観る。

観点が変化する。世界が変化する。

 

My precious friend visits me every August.

I’m happy to see her’s and her little girl’s face, to update our lives.

 

Decade ago we met in a Vinyasa yoga studio in Bangkok over for the first time.

We took Yoga Teacher training together, sat closely, helping English each other.

We had different opinions, argued sometimes.

Later we moved on different passages. She is Ashtangi. I’m Iyengars.

We respect each other, believe we all a same peak of Yoga,

but climb individual passage.

 

Gratitude to Yoga – Union and the time and place which offer us.

Namaste from us to Adrian who let us meet!

 

毎年、夏になると彼女は私を訪れてくれる。可愛い娘を連れて、お喋りに花が咲く。

 

初めて会ったのは、もう10年以上前、バンコクのヴィンヤサのスタジオだった。

一緒にティーチャートレーニングを受けた。肩寄せ合って、わからない英語を助け合う。

でも、見方は違っていて、時にぶつかる。

その後、彼女はアシュタンガへ、私はアイアンガーへ。

それでも、お互いを尊重する。私達はみんなヨガという山の頂点を目指して登っている。

ただ、ひとりひとり登る路が違うだけ。

 

私の大切なともだち。私達を結ぶヨガに、それをもたらしてくれた時間と場所に感謝する。

‘I’m thinking to stop doing yoga. My pose is far from perfect. I’m depressed.’

she said.

d531b1ce-2b94-4121-97d9-5c21fee11c42

 

Well.

No one does perfect pose.

If we reach the perfection,

it is the dead end, isn’t it?

 

I don’t think I can reach perfection,

but I’m not depressed. Why?

 

I’m headed for perfection

losing, struggling,

exploring this route, that route.

 

Sometimes

‘Aha!’ moment comes, like signpost.

Wow! I’m happy!

That’s why I’m nor depressed.

I’m busy in exploring.

 

 

完壁への探求

 

「もうヨガやめようかな。ポーズが全然完ペキじゃなくて、落ち込む。」と彼女はいう。

でも、

完壁なポーズをする人なんていない。完壁にたどり着いてしまったら、そこで終わりだよ?

 

私も、完壁なポーズなんてできると思わない。でも、落ち込んだりしない。なぜ?

 

完壁に向かって進む。道に迷い、困難に遭い、あっちこっちと探し求める。

ときおり、「あ、そうだったのか」という瞬間が訪れる。標識のように。

それが、嬉しくて。

だから落ち込んだりしない。探し求めるのに忙しい。

 

 

 

In RIMYI remedial class, having listened my condition, Abhijata-ji said

’What I can do for you?’

I didn’t know how to answer. But she started helping me. ‘You come.’

 

Even I say nothing,

Senior Iyengar teachers found out my difficulties in class, workshop,

asked me same question. ‘what I can do for you?’

gave me precious advices to follow.

 

I listen students difficulties, ask myself ‘What I can do for her?’

 

Let me fully realize

my experience is not enough,

not like those teachers,

 

Search information, try out,

learn though my body.

Do sincerely what I can do,

wishing it will be even a small help.

 

wishing follow their attitude and steps.

 

私は何をしてあげられるだろう

 

プネ本部の治療クラスで、アビジャタ先生は私のコンディションを聴いて

「何をしてあげられるかしら?」

何と答えていいかわからないでいると、「こっちへきなさい」と指導が始まりました。

 

何も言わなくても、

クラスやワークショップで、アイアンガーヨガの上級の先生達は私の困難に気づいて、

同じ質問をされる。「私に何がしてあげられますか?」

そして、貴重なアドバイスを与えてくれる。

 

生徒さんの困難を聴いて「私は何をしてあげられるだろう」と自問する。

そして、私を指導してくださる先生達との経験の差を痛感する。

 

それでも、情報を集め、やって見て、自分の体を通して識る。

誠意をもって、やれることをやる。ほんの少しの助けにでもなればいいなと願う。

 

その姿勢に、足跡について行きたいと願う。

 

 

IMG_8207

 

‘All right. I’ll do that T-shirts project.’

 

I took charge the voluntary work – making T-shirts which is a part of the centenary events of Gruji B.K.S. Iyengar

for Iyengar Yoga Community of Singapore.

 

 

The design idea was already in me.

Singapore icon – Marlion

and Gruji’s Simhasana – lion pose.

 

Wishing unite us, all Iyengar practitioners in Singapore.

 

Half of T-shirts profit goes to Bellur Trust. Other half goes to operating costs of Iyengar Yoga Community of Singapore, which works for our union and help.

 

 

シンガポール アイアンガーヨガTシャツ・プロジェクト

 

「じゃあ、そのプロジェクトは私がやります」

B.K.S.アイアンガー師生誕100周年イベントの一部であるTシャツ作りに手を挙げた。

シンガポールのアイアンガーヨガ・コミュニティによるプロジェクト。

 

すでにデザインはアタマの中に。シンガポールのアイコンであるマーライオンと、アイアンガー師のシムハサナ、ライオンのポーズ。

わたし達、シンガポールのすべてのアイアンガー・プラクティショナーを結ぶものとなれますように。

 

Tシャツからの利益の半分は、ベルー基金へ寄付され、残り半分は、私たちを結び、援助する活動するアイアンガーヨガ・コミュニティの活動資金となります。

 

 

In a Sunday morning, International day of Yoga event was planned in Singapore Botanic Gardens.

 

About to starting event, heavy rain started too. We run under a small hat nearby.

Singapore is a small island, has 25 certified Iyengar teachers, 7 studios and quite a number of practitioners.

But

we rarely see other studio people’s face. Life is busy. Singapore time is fast.

 

Rain seemed not to stop soon.

We started event under the hat, used round benches as block, as chair, as stage. We shared the space, thought each other for all of us fit in.

 

Srounded greenish rain and nature, We practiced closely together

under a small hat.

 

Event  was over. Rain too. We walked back to continue our daily life

with beautiful experience.

 

小さな屋根の下で

 

日曜日の朝、シンガポール・ボタニックガーデンで国際ヨガデーのイベントが予定されていました。

まさにそれが始まるという時に、まさかの豪雨。みんなで近くの東屋で雨宿り。

 

小さな島国のシンガポールに、25人のアイアンガーヨガ認定指導員、7つのスタジオ、たくさんのプラクティショナーがいる。でも、他のスタジオの人に会うことは稀。日々忙しくて、シンガポールでの時間はす早く過ぎていく。

 

雨はあがりそうになかったので、小さな屋根の下でイベントを始めることになりました。

東屋を囲んでいた丸いベンチを、ブロックの、イスの、ステージの代わりに。

お互いを思いあって、全員が場所を見つけられるように。

 

緑滴る雨と自然の中で、小さな屋根の下でみんなで一緒にプラクティス。

 

イベントが終わった時、雨もあがって、それぞれの日常に帰って行きました、

素晴らしい時間をココロに留めて。

Last weekend I participated Zubinji’s workshop.

After redirected and restarted long flight, Zubinji must be exhausted. The session schedule was compressed. 2nd day He taught 8 hours a day, almost lost voice.

 

‘Many of you gave me something for my throat. So I’ll give each of you special present.’

In Chatushpadasana he did adjustment on each students, one by one, made sure everyone understand something. If not, he did again.

My turn came. He adjust me, gave instruction what I should work for. Once I did correctly, he said that’s right. I understand his present clearly. Space and grounding, which I never felt.

 

Good teacher gives us presents as much as possible. Some of us receive. Some of us don’t take. Some of us through away.

 

It was special. I keep your present within me, will work for it.

Namaste Zubinji. I’m looking forward to seeing you again.

 

zubinji 2018

ズビン先生からのプレゼント

先週の週末、ズビン先生のワークショップに参加しました。

航路変更と再渡航でとても長いフライトになり、先生は大変お疲れだったはずです。ワークショップの日程は詰め込まれ、2日目は1日8時間に渡るセッションになりました。先生の喉は枯れてしまいそうでした。

 

「みなさんから喉のために色々なものをいただきました。私からの特別のプレゼントを受け取ってください」

チャテゥシパダサナ。先生がアジャストをしてくれる。一人づつ全員に。ちゃんと分かったか確かめ、必要ならもう一回。

私の番が来る。アジャストされ、私にとって何をしなければならないか教えてくれる。ちゃんとできたら、それで良いと教えてもらい、先生が何を伝えたかったか理解する。スペースとグラウンディング。その感覚は初めて感じるものだった。

 

良い先生は、可能な限りたくさんプレゼントを贈ってくれる。それを受け取る人。受け取らない人。捨ててしまう人。

 

それはとても特別なものでした。はい。いただいたプレゼントを大切にして、そのために修練します。

ズビン先生、ありがとうございます。また、お会いする日をお待ちします。

 

 

‘Release hand. Extend arms over head’

When the teacher said, my hands were glued on rope with cold fear.

 

IMG_7102

I felt if I release the hands,

my spine would be broken or

would not be able to come up.

Many times I gave up and came down.

 

That pose challenge me, let me think

why I couldn’t.

I need strong legs, stable lower back

confidence in my strength

courage to go unknown.

 

One day I release hands and extend over,

look behind.

Yes. I make it!

I learn from the process.

 

 

From April, one day (am & pm class) a month my regular class is converted to ‘Challenge class.’ First one is Thursday 5th April. Day is alternate Tuesdays and Thursdays.

In that class we challenge difficult pose step by step. Go forth. Or pose. At our own pace. We learn from every steps. We all are on the way. Rise the challenge!

 

チャレンジクラス

 

「手を離して、腕を頭の上に伸ばして」

と先生が言っても、私の手はロープを握りしめたまま離れない。怖い。手を離したら、背骨が折れそうな気がする。起き上がれないかもしれない。

諦めてロープから降りる。何度も。

 

難しい。なぜ、できないか考える。

強い脚、腰の安定、自分の強さへの自信、未知への勇気が足りない。

 

ある日、手が離れて、腕が伸びて、後ろが見える。やった!

その道程で学ぶ。

 

4月から、通常のクラスが月1日(午前と午後)「チャレンジクラス」になります。4月は5日木曜日。月ごとに週を変え、火曜と木曜を交互にします。クラスでは、難しいポーズをステップバイステップで挑戦します。できるところまで、自分のペースでやって見ましょう。その一歩一歩から学びます。みんな、道半ば。自分に挑戦!

 

4 years before, 1st April 2014 my yoga class in Cocoon Studio started. At that time, studio had no other residence teacher. Not many people knew there was yoga studio in that building. I myself moved into Singapore 2012, knew very few people in this country.

First class I got one student, who was my friend.

 

Regardless how many students I got, I continued teaching the classes.

It was not difficult to keep my motivation.

It is good to see each students closely, their body, habit and emotion.

 

The number of students got increase slowly.

 

I’m happy to see their sincere practice, curious face,

hear bust of laughter, peaceful breath in Savasana.

I’m proud of keep teaching class and students.

 

Namaste to my teachers, students, the people who support me.

Today welcome starting of the 5th year. Together go forward with sparky smiles!

Trikonasana on Pinacle

コクーンでの4年

 

4年前、2014年4月1日、 コクーンスタジオでのヨガクラスを始めました。

その時、スタジオに他の常勤の先生はおらず、そのビルにスタジオがあることすら知られていませんでした。私自身も2012年にシンガポールに引っ越して来たので、国内の知り合いも多くはありませんでした。

最初のクラスに来ていただいたのは、お友達一人だけ。

それが何人であっても、クラスを続けました。モチベーションを保つのは、難しいことではなかったです。生徒さんを、その体、癖、気持ちをよく見られるのは、良いことだからです。

そして、少しずつ、生徒さんの数が増えて行きました。

皆さんの真剣なプラクティス、好奇心に輝く目を見て、大笑いやサヴァサナでの安らかな呼吸を聞くのは、とても嬉しい。

クラスを続けることができて、また皆さんに来て頂いて、本当に良かったと思っています。

先生方に、生徒さんに、私を支えてくださっている方々に感謝します。

今日から5年目。楽しく嬉しくいきましょう。

Cocoon Studio

Tuesdays and Thursdays 10am to 1130am and 3pm to 430pm. 4 classes a week.

Challenge class in November is Tuesday 13th.

コクーン・スタジオ

毎週火曜と木曜の午前クラス(10時から11時半まで)と午後クラス(3時から4時半まで)週4クラスです。

11月のチャレンジクラスは13日火曜日です。

Enter your email address to subscribe to this blog and receive notifications of new posts by email.

Join 150 other followers

Categories

Follow me Instagram 'natsukonat'

Is this grape? Or gummy candies grown in orchard? これってぶどう?それとも、木になるグミ? - #grape #gummycandy #ぶどう #グミ
Neither right nor left. Neither front nor back. Be in our own center axis 右でも左でもなく、前でも後ろでもない。自分の中心軸に在る。 Photo by @davidlovetofly - #yoga #yogasingapore #iyengaryoga #cocoonstudiosg #singapore #ヨガ #シンガポールヨガ #ヨガシンガポール #シンガポールライフ #アイアンガーヨガ #コクーンスタジオ #シンガポール #ヘッドスタンド #salambasirsasana #headstand
Stability Strength Mobility Flexibility and Alignment. We need all in balance. 安定、強さ、動き、柔らかさとアラインメント。全てをバランスよく。 Photo by @davidlovetofly - #yoga #yogasingapore #iyengaryoga #cocoonstudiosg #singapore #gardensbythebay #ヨガ #シンガポールヨガ #ヨガシンガポール #シンガポールライフ #アイアンガーヨガ #コクーンスタジオ #シンガポール #virabhadrasana1 #warrior1
Cool Friday evening. Have a nice weekend! 涼しい金曜日の夕方。良い週末を。 @davidlovetofly Thank you. So much fun in your photo-shooting today! - #yoga #yogasingapore #iyengaryoga #cocoonstudiosg #singapore #gardensbythebaysingapore #ヨガ #シンガポールヨガ #ヨガシンガポール #シンガポールライフ #アイアンガーヨガ #コクーンスタジオ #シンガポール #ガーデンバイザベイ #urdhvabaddhanguliyasana
Rainy day yesterday. Sunny blue sky today. Good morning! 昨日は雨で、今日は青空。おはよう! - #バジルの花 #禅 #baisilflower #zenmeditation
Swim the crawl. Breath in each three scroll. Inhale, exhale, exhale, exhale. クロールで泳ぐ。1呼吸で3掻き。息を吸って、吐いて、吐いて、吐いて。 - #yoga #yogasingapore #iyengaryoga #cocoonstudiosg #ヨガ #シンガポールヨガ #ヨガシンガポール #シンガポールライフ #アイアンガーヨガ #コクーンスタジオ #シンガポール #プラナヤマ #pranayama #viloma

Posts

Advertisements
%d bloggers like this: